思い立ったが吉日

BE-KUWA最新号を読みふけっていたらグランディスをやってみたくなりました。


今日は休みだったということと、思い立ったが吉日ということでランバージャックさんへ電話をしてみました。
が、現在取り扱いがないとのこと。
最近はグランの入荷も少なくなっているようですね。


すでに車に乗っていたので、気を取り直して中野のドルクス・グッズさんへ。
が、現在取り扱いがないとのこと。
デジャヴ感を感じましたが、グッズ浦和店さんへ電話して頂いたところ、そちらにはいるとのこと。
梅雨も明けモチベーションが上がってきた私はそのまま浦和店さんへ。



中野からだともう少しかかると思いましたが1時間ほどで到着しました。
店内へ入り目当てのグランの元へ行きケースを開けさせて頂きました。
実際に見たグランはものすごい重量感です。
姿形もThe グランディスという感じがしました。
この輝きと幅に惹かれ購入を決意。
2ペアいたうち直感で格好良い方を選び、レジに持って行ったら店員さんが「ギネスの直子である」ということを教えてくれました。
見落としていましたが、プレートのところにもちゃんと記載されていました。
正直、変に血統証が付いている個体は躊躇するものがあります。
しかし、この子に惚れしている私は小さいことは気にしないことに。
恋は盲目というやつでしょうか。
血統うんぬんよりもフォルムの格好良さを優先しました。



帰って早速ご対面。
DSC_0014_20130709225033.jpg
DSC_0027_20130709225034.jpg
インド・マニプール州ラムカ産 種親♂91mm × 54mm ♂80mm 2013年5月中旬羽化 / ♀47mm 2013年4月中旬羽化 同腹CBF1ペア


グランの魅力は何といっても、大型でも内歯が真横を向くこの大顎。
そして幅と長さを兼ね備えた光沢のボディ。
格好良いです。
早くブリードしたいです。
しかし、家に帰りふと考えてみると、今年羽化のペアじゃ来年までブリードできませんね。
今期ブリードする気満々だっただけに少し拍子抜けしました。
まぁ、焦っても仕方ありません。
気長に待ちたいと思います。
グランは特に成熟が大事と聞いたことがありますし、来年までブリード方法を勉強しておきます。