新鮮な景色

梅雨明けと同時にものすごい熱波がやってきましたね。
皆様、熱中症にはお気をつけ下さい。
喉が渇く前の水分補給が大切らしいですよ。



さて、今日はKUWATAフェスがありました。
今回は、以前報告していた通りミミさんのお手伝いとして出店者側に立たせて頂きました。


開場前はこんな感じ。
_SDI0001.jpg
お客さんのいない会場内というのは不思議な気分でした。
嵐の前の静けさといったところでしょうか。


そして、我らが『~ くわがたの森 ~ Pure Forest』のブースがこちら。
_SDI0002.jpg
カラフルでミミさんらしさがとても出ている店構えです。
そして、なにより目を見張るのが管理表のこと細かさ。
一目見ると全てが分かるように書かれていました。
私も見習いたいと思います。



開場時はワクワクというかドキドキというか…
何とも言えない緊張感がありましたが、徐々に来場者が増えてくるにつれ楽しめるようになりました。
ブース内から見る景色は新鮮でした。


出店者側に立って思ったのが、『お客さんの側の時は虫を見る、出店者側の時は人を見る』ということ。
購入者として参加していた時は、正直店員さんの顔とかあまり覚えていませんでしたが、お店の中にいるとお客さんの顔って結構覚えてるものですね。
何度か立ち止まってくれる人がいると「興味持ってくれてる」と自分の育てた虫ではなくても嬉しくなりました。



そして、今日はたくさんの方とお会いすることができました。
ゆーたろくん、ミミさん、あわゆきさんとは嬉しい再会。
ドルクス・タカさん、テツさん、youさん、だまらおさん、大ちゃんさん(お会いした順)とは初めましてのご挨拶をさせて頂くことができました。
皆さんとても良い方たちで、いろいろな話を聞けて刺激的な出会いでした。
皆さん今日はありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしております。



今日の総括としては、『お客でも店員でもKUWATAフェスは楽しい』ということです。
次回の横浜開催は11月。
少し間が空きますますが、今から待ち遠しい限りです。


余韻に浸りながら今夜は眠りにつきたいと思います。