難しさと面白さ

羽化から2週間経ち、昨季最大体重だった個体を掘り出してみました。
新成虫の掘り出しが飼育をしていて最も楽しい瞬間ですね。
ご対面してみて思ったのは「綺麗に羽化してくれてよかった」というのと「思ったより…」というものでした。


まだ完全には固まってないでしょうが早速測定。
DSC_0199.jpg
81.1mm(仮)
やりました!!
もう少し縮むでしょうが、80mmは超えてくれそうです!!
ついに目標だった80mmを超えてくれました!!


ノギスのあて方が悪く、左顎が短いように見えますが、実際はこんなに長さに違いはありません。
それにしてもノギスをあてた写真って撮るの大変ですね。
皆さんどうしてあんなに上手く撮れるのでしょう??



待望の80mmUP羽化。
しかし、正直なところもう少し大きくなってくれるかなぁという期待があったのも事実です。
「35.1gもあるんだから、もしかしたらとんでもない個体が羽化してくれるかも」という気持ちも持っていました。
やはり体重だけでは計れないものですね。


難しい。
でもだからこそ面白い。
これに満足することなくもっともっと大きい子を無事に羽化させてあげたいです。
もちろん、大きさだけが全てではないでしょうけど、やる以上は大きさにこだわって飼育していきたいです。


これから羽化してくる子たちに期待しつつ、今期もブリードに励みたいと思います。
やる気が出てきました。