悲しみと喜びは同時にやってくる

産卵セット解除から2週間が経ち、今日は今期最初の割出を行いました。
産卵木は以前紹介した通り2本ともに齧り過ぎというくらいバキバキだったので期待していましたが…


結果は、羽化後間もないド初齢幼虫1と卵3。
惨敗でした…
おそらく齧りはしていたものの♀が産卵モードに入るのが解除目前だったのだと思います。
純国産オオは産卵モードに入るまで時間がかかるというのは聞いていましたが…
まだ取り返しのつく時期だったのがせめてもの救いでしょうか…
♀は先日から2セット目に入ってもらっていますので、そちらで頑張ってもらうしかないですね。

ん〜、佐賀産に関しては去年から結果が芳しくありません。
大切な血統なのにこのままではいけませんね。
少しセット内容を工夫してみる必要がありそうです。
何かいい方法をご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。



割出が散々で落ち込んでいましたが、今日は嬉しいこともありました。
それは、ボーリン♀が後食を開始してくれたことです。
♂は2週間程前から活動を開始していましたので、この日を心待ちにしていました。
3時間近くゼリーにしがみついていましたが、さっき見たら動き回っていましたのでマット交換をして新しいゼリーに入れ替えました。
このまま成熟を待って次の段階に進みます。
こっからが正念場ですね。

今日は♂♀ともに無事後食してくれたことを素直に喜びたいと思います。



悲しいことと嬉しいことが同時にやってきた1日でした。