いい夫婦の日

今日、11月22日は語呂合わせで『いい夫婦の日』と言われていますね。
誰が名付けたのかは分かりませんが、語呂合わせとあだ名を付ける人は本当にユーモアのセンスがあると関心してしまいます。
まぁ、今日がいい夫婦の日でも結婚していない身としてはあまりピンとこないのが正直なところですが…



ここから我が家の管理方法の話に移ります。
我が家では基本、種親にしたorする予定のペアはコバエシャッター小に仕切り板を入れて隣合わせになってもらっています。
特別珍しい方法ではないと思いますが、こうすることで種親にした個体を忘れなくて済むので助かります。
そして、この管理方法の1番のメリットは仕切りを外すだけで簡単にペアリングができるということです。
ペアリングケースに♂を移動させて、慣れるまでしばらく待つという手間が省けるわけです。
待つ事が苦手な性格としては、これが結構便利なんです。
もちろんデメリットもありますが、これからもこの方法でやっていくつもりです。
1頭の♂に複数の♀をペアリングする方には全くもって意味を成さない方法ですはありますが、1♂×1♀しかやらない我が家にはもってこいなのです。


というわけで、現在隣同士で越冬準備に入っている今期・来期の種親ペアたち。
今のところ特に問題が生じていることもなく越冬体勢を整えていてくれています。
これであとは来年の春にペアで無事に出てきてくれるのを願うだけになりました。

ゆっくり眠っておくれよ。



いい夫婦の日にちなんで、来期はみんな仲のいい夫婦になってもらいたいクワガタ夫婦の話でした。