隠し玉

2週間程前に増種していたカブトムシを解禁しようと思います。


その名も『グランディスコフキカブト』
エクアドル・コンセプシオン産 WF1


調べてみたところ『グランディスヒナカブト』とも言うようです。

最近になってカブトムシのブリードをやってみたくなりいろいろと探しているうちにこの種に巡り会いました。
外国産の大型カブトはスペースを取るのがネックになるため小型カブトと決めていたのです。
下世話な話、なかなかのお値段ですが臨時収入が入ったので迷わず購入しました。

とは言え、実際にこの種の成虫を見たことはなく今回入手したのも3齢ペア。
あの可愛らしい成虫を手に乗せられるのはまだ先になりそうです。


生死確認後そのままにしていましたが、430ccプリンカップでは手狭かなぁという気がしたので800cc瓶へ移すことにしました。
大きい方が安心というのも安易な考えですが。笑

201405211932342d7.jpg
♂幼虫。
201405211932354bf.jpg
♀幼虫。


ものすごいブツブツがあります!
それほど多くの幼虫を見てきたわけではありませんが、こんな容姿の幼虫を見るのは初めてです。
コフキ系ってみんなこんななんでしょうか??

水分多めのマットを好むようですので、通常よりもかなり水っぽいマットへ投入しまいした。
この後は20℃前後の管理で羽化まで持っていきたいところです。

久しぶりの外国産カブトムシ。
不安はありますが楽しみです。



・・・・・・

実は、もう1種カブトムシのWILDを増種したのものの、すぐに落ちてしまいあっという間に途絶えたのはまた別の話です。笑