2014年ブリード計画

帰ってくる時に雪が降っていました。
久しぶりに見る雪にもロマンチックな気分になることもなく「間違っても積もってくれるなよ」と毒づいて家路に着きました。
外回りにとって雪は辛いのです。


さて、本日のタイトルです。
今期のブリード計画を考えてみました。

その1
インドグランディス。
購入元のドルクス・グッズさんによると、♂はBE-KUWAギネスの直子とのこと。
ただ、血統うんぬんでは無く単純に早くブリードしたいです。
グランの格好良さを知らなかった去年までの私は本当に未熟でした。
春が待ち遠しい。


その2
国産オオクワガタ佐賀県産。
こちらの種親には自己ブリード♂75mmとミミさんより里子でお預かりした♀48mmでいきます。
♂は昨季のトップ個体ですが上翅にピンホールができてしまっています。
サイズよりもこの子の子供たちを今度こそ格好良く羽化させてあげたくてこの個体を選びました。
我が家の絶滅危惧種である佐賀産。
なんとしても産んでもらわなくてはなりませんね。


以上。



はい、以上です。
考えてみたら今期組めるのはこの2種しかいませんでした。
昨季かなり増種したので今期も忙しいと思っていましたが、今期羽化してくるであろう大勢の個体たちをブリードできるのは来期になるんですよね。
迂闊でした。

少し寂しい内容かもしれませんが、また夏に伊豆大島へ行ってノコとミヤマを増やす(採れる前提で話を進めています。笑)ことを考えるとちょうど良いのかもしれません。
増種なんてしてしまったら来期大変なことになりそうですし。



ブリードルーム



何度聞いても魅力的です。
ゆーたろくん、本気でお互いの家の中間にブリードルーム作ろうか??笑

とにもかくにも、セット数は少ないながらも今期も楽しめそうです!!