気長に待とう

夏が終わってからというものどうも体調が安定しません。
今秋〜冬は油断できない日々が続きそうです。



さてさて、2月から更新が途絶えていた山形県産オオクワガタ。
もちろん継続していますが、今夏羽化してくるだろうとの予想が外れ、♀2頭を除いて未だに幼虫をやっています。
7月に蛹化を促すべく瓶交換をしのですが効果はなかったようです。
割出が去年の9月末と遅めでしたから、このまま冬を超えて来春羽化かなぁという感じがします。


初めての2年1化ですが、みんな無事に羽化してくれることを願います。



せっかくなので、先に羽化している♀2頭のご紹介。
DSC_0010_20131006204140b69.jpg
DSC_0016_20131006204143dc7.jpg
どちらも6月下旬羽化で後食バリバリです。
サイズは、こちらも2頭共に44mmほどとWF1にしては悪くはない大きさになってくれました。
♂はまだですが、貴重なWF1の成虫を羽化させられて本当に嬉しいです。


残りの子たちの羽化を楽しみにして、気長に待とうと思います。