菌糸瓶交換

今日から9月です。
8月が終わってしまうと夏が過ぎてしまった気がして寂しい気持ちになります。
それでも、これからは菌糸瓶交換も待っていますので寂しさに浸っている暇はありません。



と言うことで5月下旬に1本目へ投入した佐賀産5本のうち3本を交換しました。
まずは食い上がりの早かった瓶を掘ってみると、すくすくと成長した幼虫と再会できました。
早速体重測定です。
DSC_000411.jpg
18.2g
WILDからの累代の純国産オオクワですから、何とか血統のようにいきなり30gとはいきません。
しかし、順調に成長してくれていて安心しました。
測定後、同菌糸瓶1400ccへ。


DSC_001211_20130901232604b5e.jpg
2本目 11.0g
確信は持てませんが、卵巣らしきものも見えましたので多分♀でしょう。
我が家に待望の♀が現れてくれました。
こちらは、800cc瓶へ移し替えました。



3本目は食痕が確認できず不安を覚えましたが、3ヶ月経っていますので掘ってみることに。
しかし、不安が的中してしまい☆になっていました。
どうやら加齢時に何かトラブルがあったようで、脱皮時の皮が付いている状態でした。
立派な成虫にしてあげられなくて申し訳ない思いでいっぱいです。
この子の分も他の子たちを無事に羽化させてあげられるように頑張ります。



これで佐賀産は4頭になりました。
まだ数の不安から抜けられずにいますが、♀らしき個体が現れてくれたお陰で危機的状況から一歩前進した気がします。
あと2本の瓶から♀が出現してくれると心強いですね。
残りは後日交換を行う予定です。