2014年12月

よいお年を

今年も残すところ数時間となりました。
皆様のおかげでとても充実した一年を過ごすことができました。
こんな不定期ブログに足を運んでくださり感謝の気持ちしかありません。
心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。


こんな自己満足ブログではありますが、来年もどうぞよろしくお願い致します。
ずっとずっと楽しいクワカブライフを続けていきましょう。



2015年が皆様にとってよい年となりますように。


めっしー
スポンサーサイト

気になったが負け

201412292214588e1.jpg
という事でちょっと掘りだしてみたわけですが。笑
軽く掘ったら卵が出てきてくれました。
有精卵であるかは分かりませんが、独身時代に引き続き♀のやる気は落ちていないようです。
ホッとしました。
ただ、水苔が少なかったのか全く関係のないところに産んでいました。
水苔を足して再度産みつけてもらう事にします。

しばらくは静観ですね。

こんな感じ

グランディスコフキカブトの産卵セットを組みました。
ようやくです。
と言うのも思ったより♂の活動が遅くこんな時期になってしまいました。
20141227214609d35.jpg
♂もまだ全開とは言い難いですが、メイトガードも確認できましたし多分大丈夫でしょう。


そして出来たのがこちら。
2014122721475907b.jpg
いただいたアドバイスを参考にしてこんな感じにしてみました。
マットは前回無精卵を産んだのと同じ物、水分はかなり多めにセッティングしてあります。
とりあえずこれで様子を見ることにします。

しかし、小型種に中ケースは大きすぎましたかね??笑
卵も小さいでしょうから採卵も大変そうです…


これで今年は最後の産卵セットになりますし、年明けを気持ちよく迎えられればいいなと思います。

未知の種

先日届いたクリスマスプレゼントのご紹介です。
送り主はサンタさんではなく親愛なる虫友さんの大ちゃんさん。
勢いに任せてお願いしてしまいました。

20141225230333610.jpg

ダールマンインターメディアツヤクワガタ フィリピン・ネグロス島産 WF1


あまり聞き覚えのない名前ですが、最大104mmにもなる大型種とのことです。
初めてのツヤクワガタ飼育のスタート。
成虫を直に見たこともなく、一体どんな姿で羽化してくれるか今から楽しみです!
全くの未知の種ですが、飼育自体はそんなに難しくないそうなのでギネス目指して頑張ります!


大ちゃんさん、今回はありがとうございます。
なんだかんだ言ってやる気が出てきました。笑

年の瀬

クリスマス、大晦日、お正月とイベントが盛りだくさんの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか??
年の瀬が近づいてくるこの時期はソワソワワクワクしてしまいますね。

なにやら世間が騒がしいようですが私は通常運転でいきたいと思います。笑
ただ、各々主義主張はあって当然だと思いますが読んでいて気分の悪くなる言葉遣いは控えましょうね。
皆さんいい大人なのですから。



さて、本日のメインはオオカブトたち。
とは言え特筆すべき事はありません。笑
孵化からおよそ4ヶ月で1番乗ってくれた個体でも44g。
いいのか悪いのか分かりません。
そして、♂なのか♀なのかもさっぱりです。笑

実はヘラヘラ飼育はこれで2度目なのですが、前回は羽化させてあげることができず今回はリベンジも兼ねています。
もりもり食べてもっと大きくなってもらわなくてはですね。



そして、同時進行のWF1ネプ幼虫ですが、こちらは低温飼育のためかヘラヘラよりも成長がゆっくりです。
体重こそ測っていませんが、ヘラの半分ほどの大きさでしょうか。
ネプ飼育の長さを早くも感じております。
こんなことで大丈夫でしょうか。笑

20141222221049d89.jpg

我が家のカブト棚もだいぶ手狭になってきました。

忘年会オフ

隊長、副隊長にだいぶ遅れをとりましたが忘年会オフの記事を上げさせてもらいます。
詳しい内容はお二方のブログにも書いてありますが、なかなか盛りだくさんな1日でした。

朝一でミネラルショーに並び。
2014121012331108c.jpg
20141210123156959.jpg

ぱぱぱっとお昼をかっこみ一路隊長の地元へ。
いつもの店で夕食をとる前に虫屋さん&福引き。
20141210123153eea.jpg

最後に日本最大の天然のモミの木を見て解散。
20141210123154b95.jpg

1日中遊び回りました。
虫友さんオフとはいえ、虫ネタ以外の話もできて本当に楽しい1日でした。
隊長、副隊長、平の流山隊員、遅くまでありがとうございました。

次回は新年会でお会いしましょう。

目指せ大台突破

グランディスの瓶交換をしました。
グランディスはグランディスでもオオクワガタの方です。
ほぼ4ヶ月ぶりの対面はなかなか衝撃的なものとなりました。


ほとんど食い尽くされた菌糸を掘っていくこと数十秒。
大きく育った幼虫が出てきてくれました。
20141202002534de3.jpg
♂幼虫。

これほどの体重の幼虫を見たのは初めてです。
知りませんでしたが、グランってこんなに大きくなるんですね。
体の全貌が見えた時のインパクトはものすごかったです。


201412020025350c7.jpg
続いて♀幼虫。

グランは♀も巨大でした。
これ、国産の山形や佐賀の♂と同じくらいの体重ですよ…


♂♀ともになかなかいい感じと浮かれていましたが、BE-KUWAギネスの最終体重は48g以上あったみたいです。
ここから10gはさすがに乗らないでしょうね…
今回の反省点として、菌糸が食い尽くされるまで放ったらかしにしてしまったことです。
もっと早く変えていればあるいは…

おそらく最終交換となる3ヶ月後は要観察をして40gの大台突破を目指します!!


それにしても、ミミ川西89mmくんはこれより7gも重かったんですよね。
グランでもそんなに乗ってくれる気がしません。笑
恐ろしやです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。