2014年09月

初参戦 Dead or Alive

昨日はDead or Alive大宮に初参戦してきました。
会場は想像以上にコンパクトで、入場前でも暑いくらいでした。


IMG_1370.jpg
我らがPure Forestのブース風景です。
変わらずミミさんカラー全開ですね。
このカラフルな卓を見るとイベントテンションになります。

IMG_1372.jpg
さらに今回は奈良輪収容所囚人5号ドルクス•タカさんの奈良輪収容所静岡分室(非公認)がお隣で肩を並べておりました。
何かと話題の奈良輪収容所ということで、やはり注目されているお客さんが多かったように思います。


今回は会場こそ狭めでしたがお客さんの入りはものすごく、大宮のクワカブ熱の高さを感じました。

先月のKUWATA横浜、先日のインセクトフェア、今回の大宮とイベント続きで主催者さん、出店業者さんたちは大変だったことと思います。
本当にお疲れ様でした。
まだ一ヶ月後にはKUWATA横浜が待ち構えていますが、今回の盛り上がりを横浜へと続けていきたいですね。


隊長、副隊長、ドルクス•タカさん、そして参加された皆様、お疲れ様でした。
楽しい時間をありがとうございました。

10月は今年最後の横浜でお会いしましょう。
スポンサーサイト

毎年恒例の流れ

1本だけ交換するつもりだったウッディ幼虫ですが、とても気になる話を聞いてしまったので一気に5本交換してしまいました。笑

IMG_1245 のコピー

結局最初に掘り出したこの個体が最大体重でした。
31g。
デカいです。
我が家ではオオクワでさえ、この体重の個体はそうそう見たことがありません。
このままいってくれれば面白いサイズになってくれるかもしれませんね。


その他の子たちも順調に成長してくれていました。
そちらの結果は管理表にてご覧ください。



さてさて。
毎年恒例の流れとなりつつありますが、これからの時期ブリードをほぼやらない我が家では幼虫飼育がメインとなります。
当然、画像もニョロニョロがたくさんになるかと思います。
他に話題があればいいのですが…
幼虫が苦手な方は、これから春になるまではご注意ください。
できるだけ足が運びづらくならない記事になるよう頑張ります。笑

春はまだ遠しです。

解禁

WILD♀単からの累代ということで、産卵してくれたらブログにアップしようと決めていた種が無事に孵化してきたので解禁しようと思います。
お蔵入りにならなくて良かったです。笑


ネプチューンオオカブト
エクアドル・サンミゲールデロスバンコス産WF1
IMG_0215_1.jpg
ネプチューンは低温種であることを知らずの飼育でしたので、どうなるかと思っていましたが無事幼虫を得ることができました。


現在、11頭の孵化を確認しておりまして、大丈夫そうな卵も30程あるので成功といえる展開です。
というよりも採れすぎている感も否めませんが。笑
それでも、お1人の里親さんは見つかっていますし何とかなるでしょう。
ならなかったらえらいこっちゃです。


♀はだいぶ体重も軽くなりましたが、まだまだ産む気満々な様子ですし、産めるだけ産んでもらうことにしましょう。
どれくらい産んでくれるか怖いです。笑

新ブログ開設

私事ですが、隠れた(?)もう一つの趣味でもある写真のブログを立ち上げてみました。


SHASHIN LABO


とは言え、最近はあまりカメラをいじっていなかったので現在リハビリ中です。
思いっきりの自己満足ブログになりますが、こちらも合わせてよろしくお願いします。



「クワガタ」と「写真」といえばなんと言っても大ちゃんさんですね。
大ちゃんさんをパクった訳ではなくインスパイアです。笑


以前、私の趣味を知っている友人にも写真ブログの立ち上げを勧められたこともあり、今回いいきっかけになりました。
どこまで広げられるか分かりませんが、新しいことを始めるのは楽しいです。


しかし、クワカブ飼育も写真活動もどちらも一人で行うのがメインの趣味。
自分はつくづく個人活動が好きなんだなと実感しました。
協調性がないわけではないと信じたいです。笑


これからも、『MUSHI LABO』『SHASHIN LABO』ともによろしくお願いします。

小♀と大♀

カワラ組の2本が前回投入から気がつけば5ヶ月になってしまうところでした。
交換しようしようと思っているうちに…
本当こんなにズボラではバチが当たってしまいそうですね。


しかし、しかし。
当のクワたちはいたって通常運転でいてくれました。
ブリーダー想いの子たちで助かります。笑
IMG_0004_1.jpg
IMG_0006_1.jpg

体重は2倍以上の差がありますが、両頭とも♀と思われます。
同じ菌糸、同じ環境で飼育しているのにどうしてこうも違うのでしょう??
不思議です。


カワラ組はオオヒラよりも若干成長が早い気がしますね。
体の色味が全然違います。
これは上手くいけば年内羽化なんてことも!

しかし、♂がいない…
んー、やはり雌雄判別が完璧にできるようになってから♂はカワラ、♀はオオヒラというように分けるべきでした。
特にこういう羽化ズレしやすい種類は尚更です。
これは次回の反省点になりそうです。

掘りたい PARTⅡ

昨日のネパレンシスに続きグランディスコフキ(以下グラコフ)も蛹室を作りだしているようです。
20140911132419566.jpg
♂幼虫飼育瓶にて。

飼育方法がまったく分からなかった為、普通のカブトマットでワインセラー内で飼育していましたが問題なかったようです。
大きさは求めていないので、無事羽化してくれれば言うことありません。

アクセスカウンターの検索欄を見る限り、グラコフはウッディに次ぐ検索数のようですのでなんとか頑張りたいものです。
といっても、5月以来更新していませんでしたね。笑
羽化後に挽回できたらと思います。


しかし…
昨日のネパレンシス同様に早く掘りたいです。笑
蛹室の状態から、昨日今日で作成したものではなさそうですが。
せめて1ヶ月は様子見た方が無難ですよね。

んー、早くあの可愛らしい個体を手に乗せたいものです。


ちなみに、♀瓶は外からは変化が見られず、なんだか羽化ズレの予感がします。笑

掘りたい

私の好きなクワガタランキングで間違いなく上位に食い込むであろうネパレンシスが羽化してきました。
201409102129173ac.jpg
クリアボトルではない為画像では全く分かりませんが、実際にはうっすらと新成虫の姿が確認できています。
全体的に赤みを帯びていて、まだ羽化後数日が経ったばかりのようです。

割り出しが去年の12月。
9ヶ月ほどで羽化までたどり着きました。

とても気になります。
今すぐにでも掘り出したい。
この手に乗せたいです。

しかし、まだ羽化したての新成虫。
もう少し様子を見るのが無難でしょう。
ただ、菌糸の状態もあり掘り出したい衝動を抑えきれません。


んー、なんというジレンマ。笑

果たして私はもうしばらくこの衝動を押さえ込むことができるのでしょうか??
我慢我慢…



ちなみに、こんな子も蛹化していました。
20140910212918166.jpg
分かりにくいですが、とても小さな♂です。
瓶交換をしようと思い掘り出した時にはすでに前蛹状態。
幼虫のサイズも小さく、てっきり♀だと思い込んでいたらまさかのチビ♂でした。

おそらくとても可愛らしい個体になるのではないかと思います。
これはこれで気になるところです。笑

無事羽化さえしてくれれば

当ブログで最も活気のないコンテンツとなっていたムニスゼッチ。笑
今年の2月のKUWATAにて大ちゃんさんから譲り受けた幼虫たちです。
フタマタは成長が遅いという話を聞いていたので、ゆっくりじっくり飼育していました。
しかし、じっくりやりすぎてしまってようです…

当初10頭いた幼虫たちも気がつけば半分の5頭を残すのみ。
まさか、半数を落としてしまうとは思ってもみませんでした。
大ちゃんさんすみません。


そんな中でも成長してくれた(多分)♂幼虫。
20140908211531087.jpg
だいぶ黄色みがかってきました。
これ、もしかしたらもうすぐ羽化してしまうのでしょうか??
予想がまったくつかなかった為、生き延びてくれた全頭をマットに投入。
数が数だけに安全策をとることにします。

無事に羽化さえしてくれれば累代もできますし、この血を絶やさないようになんとかしたいものです。

順調

7/23割出組のヘラたちが順調に孵化してきています。
20140906223858cbf.jpg
まだ初齢も初齢。
孵化したニョロの合計も15頭を越えており良いスタートがきれました。

まだ孵化していない卵もあり、♀は現在セット中。
最終的にいったい何頭になるのか??
怖いような楽しみなような複雑な気分です。笑

血の力

いつも何かとお世話になっている奈良輪収容所囚人4号のテツさん。
今回も大変お世話になってしまいました。
何を隠そう川西の来期の種親をお譲り頂いたのです。


お声がけ頂いたその日のうちに車を走らせテツさんのブリードルームへ。
何度行っても素晴らしいブリードルームです。

一足先に到着していた私ですが、しばらくしてyouさん、大ちゃんさんと仲良し(勝手に仲良くさせてもらってると思っています笑)な顔ぶれが揃い、クワ談義をしながらテツさんご自慢の個体たちを眺め驚きの声を上げます。

そして、候補の個体たちを拝見させてもらいました。
この時点で私の心は分かりやすく踊っていたと思います。笑
20140903215201a04.jpg
80mmUPが計10頭。
80mmすら羽化させたことのない私にはこの光景は目に毒です。笑

時間をかけて1頭1頭手にとっていき「これっ!!」という個体を選別したつもりですが、見れば見るほど目移りしてしまいました。笑


結局日付けが変わるまでお話させてもらい帰宅。
クワ好きの仲間の中にいると本当に時間が経つのが早いですね。

こちらが今回お譲りして頂いた個体たちです。
20140903210917188.jpg
20140903210919caf.jpg
♂83mm × ♀56mm

これほどの個体を迎え入れる日がくるとは思いませんでした。
技術が未熟な分この血の力で大型作出を目指します!!
かなりのプレッシャーですが、ダメだった時は笑ってやってください。笑


テツさん、今回もお世話になりました。
この個体たちに恥じないサイズを羽化させられるように頑張ります!!
本当にありがとうございました。

そして、youさん、大ちゃんさん先日は遅くまでお疲れさまでした。
いろんな話が聞けて勉強になりました。

皆さん、どうぞまた遊んでやってください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。