2013年07月

ようやくの戦果

みなさん MINAMIさんのプレ企画 いよいよ明日が応募最終日です。
まだ応募されていない方はお急ぎください。






本日久留米の割出を行い、実に3回目のセットで、ようやく幼虫をGetすることができました。
DSC_0010.jpg
11ニョロに5卵。
なんとかブリード分得ることができ一安心です。



幼虫が出てくると割出も楽しいですね。
久しぶりに楽しい割出でした。
スポンサーサイト

採卵

ウッディのセットを組んでから1週間が経ち初採卵を行いました。
気になっていた中身ですが、ひと際目に付いたのが天然カワラ材の齧られ方です。
DSC_0004.jpg
VN材とは違いバキバキにされていました。
柔らか過ぎたのか肉質の問題なのか、派手に齧っているだけで産んでいませんでした。



次にVN材。
こちらは見た目は地味ですが、いい感じに埋め戻しも確認できました。
ピンセットで慎重に掘っていくと…
DSC_0006_20130728165438.jpg
ありました。
見にくいですが画像中央の卵座に卵を発見。
思っていたよりも大きいですね。

カビが嫌いな人、すみません。



その後も材を確認しながら掘り出していくと卵を発見できました。
DSC_0008.jpg
最終的に6個の卵を確保しました。
運のいいことに空砲はなく全ての卵座から卵を得ることができました。
1週間で6個。
悪くないペースで産んでくれています。



これがちゃんと孵ってくれるか不安もありますが、とりあえずホッとしました。
現在は天然カワラ材を放棄し、全てVN材でのセットに変更しています。
ご覧の通りカビも生えてくるため今後も1週間に1度採卵を行うようにしようと思います。


あとは1つでも多く孵化してくれることを祈るだけです。

自慢の子たち

MINAMIさんのプレ企画にようやく正式に協賛表明できました。
DSC_0032.jpg
DSC_0011.jpg
DSC_0017.jpg
大阪府豊勢郡能勢町産 
種親:♂77.2mm × ♀49.8mm
累代:CBF2 
サイズ:♂79.5mm 2013/05/27羽化
    ♀51.5mm 2013/06上旬羽化
    ♀50mm  2013/28羽化

1♂2♀の3頭セットです。
80mmUPだと思っていた♂は、今日再測定をしてみると80にいくかいかないかでした。
顎を最大まで開くと超えていますが計り方によっては80を切っている感じでしたので、79.5mmとさせてもらっています。



それはど大きな個体ではありませんが、どの子も我が家の自慢の子たちです。
どうぞ、この命尽きるまで傍で大切にしてあげてください。



他の皆さんの協賛品も魅力的なラインナップばかりですが、この子たちに応募して頂けると嬉しいです。
宜しくお願い致します。

いざ、勝負

ウエストウッディの産卵セットを組みました。
DSC_0027_20130721201318.jpg
VN材2本(右・中央)と天然カワラ材1本(ブナ・左)セットです。


結果は如何に。
いざ、勝負。

満を持して

DSC_0016.jpg


ウエストウッディのペアリングを開始しました。
♂♀共に後食開始1ヶ月を過ぎています。
特に♀の食欲は抜群で状態は良さそうでしたので、まさに満を持してというところでしょうか。
悲劇防止のため♂の大顎は縛っています。
♂にストレスはかかるでしょうが、それよりも♀の無事を優先させました。



仲良くしてくれるか心配でしたが、ウッディは紳士的ですね。
観察数分でメイトガードしていました。




ここまで来たら、もう人間にできることはほとんどありません。
今週末までの同居で上手くいってくれることを祈ります。

継続は力なり

連続投稿です。


能勢産♀は残り1頭を除いて全て掘り起こしました。
掘り起こした4頭のうち2頭が50mmUPになってくれました。
DSC_0012_20130715215350.jpg
DSC_0023.jpg
飼育4年目にして初めて50mmUPが羽化してくれて感慨深いものがあります。
まさしく継続は力なりですね。



上の2頭は先ほどのブログで紹介したMINAMIさんのプレ企画に協賛予定です。
♂待ちですが、ここ2、3日で2頭が羽化してくれていますので、そちらのどちらかと合わせて1♂2♀での協賛になると思います。
もし、あまりにも小さかったら…
先に羽化してる80mmUPにすることにします。



興味のある方はご応募して頂けると幸いです。
本当は、久留米もネパレンシスも出せたらと考えていたのですが、ちょっと間に合いそうにもありません…



正式に協賛表明しましたら、また紹介させてもらいます。

MINAMIさんのプレ企画

ブログ内の整理をするついでにテンプレートを変更しました。
見やすさ第一にシンプルなものにしたつもりです。
ただ、まだ自分自身慣れていません。



さて、MINAMIさんのブログ 今を生きる にて今年もプレ企画が発動されました。
去年初めて参加させて頂き楽しい時間を過ごさせてもらいました。
今年ももちろん協賛させて頂きます。
と言っても、まだ正式に協賛表明していません。
思ったよりも羽化が遅れていることもあり、協賛期間の23日ギリギリまで粘るつもりです。


もちろん応募のみも可能です。
参加されたことのない方も是非一緒に楽しみましょう。
夏の一大イベントになること間違いありません。



今年はMINAMIさんの餃子を狙いにいきます!!

初めてのセット方法

ネパレンシスの産卵セットを組みました。
3日間の同居ペアリングを行い、成功場面は目撃できませんでしたがメイトガードしていたので多分大丈夫でしょう。


DSC_0041.jpg
ネパレンシスはカワラ菌床に産卵するということらしいので、ボーリン用に用意していた『オオクワキング』さんのカワラ爆産棒なる物を使用しました。
HPによる実績では、過去にネパレンシスで成功している方もいるようです。
このような方法のセット組は初めてですが、どうなることやら。



あまり目にする機会の少ないクワガタですから、何とか累代していきたいものです。

思い立ったが吉日

BE-KUWA最新号を読みふけっていたらグランディスをやってみたくなりました。


今日は休みだったということと、思い立ったが吉日ということでランバージャックさんへ電話をしてみました。
が、現在取り扱いがないとのこと。
最近はグランの入荷も少なくなっているようですね。


すでに車に乗っていたので、気を取り直して中野のドルクス・グッズさんへ。
が、現在取り扱いがないとのこと。
デジャヴ感を感じましたが、グッズ浦和店さんへ電話して頂いたところ、そちらにはいるとのこと。
梅雨も明けモチベーションが上がってきた私はそのまま浦和店さんへ。



中野からだともう少しかかると思いましたが1時間ほどで到着しました。
店内へ入り目当てのグランの元へ行きケースを開けさせて頂きました。
実際に見たグランはものすごい重量感です。
姿形もThe グランディスという感じがしました。
この輝きと幅に惹かれ購入を決意。
2ペアいたうち直感で格好良い方を選び、レジに持って行ったら店員さんが「ギネスの直子である」ということを教えてくれました。
見落としていましたが、プレートのところにもちゃんと記載されていました。
正直、変に血統証が付いている個体は躊躇するものがあります。
しかし、この子に惚れしている私は小さいことは気にしないことに。
恋は盲目というやつでしょうか。
血統うんぬんよりもフォルムの格好良さを優先しました。



帰って早速ご対面。
DSC_0014_20130709225033.jpg
DSC_0027_20130709225034.jpg
インド・マニプール州ラムカ産 種親♂91mm × 54mm ♂80mm 2013年5月中旬羽化 / ♀47mm 2013年4月中旬羽化 同腹CBF1ペア


グランの魅力は何といっても、大型でも内歯が真横を向くこの大顎。
そして幅と長さを兼ね備えた光沢のボディ。
格好良いです。
早くブリードしたいです。
しかし、家に帰りふと考えてみると、今年羽化のペアじゃ来年までブリードできませんね。
今期ブリードする気満々だっただけに少し拍子抜けしました。
まぁ、焦っても仕方ありません。
気長に待ちたいと思います。
グランは特に成熟が大事と聞いたことがありますし、来年までブリード方法を勉強しておきます。

新鮮な景色

梅雨明けと同時にものすごい熱波がやってきましたね。
皆様、熱中症にはお気をつけ下さい。
喉が渇く前の水分補給が大切らしいですよ。



さて、今日はKUWATAフェスがありました。
今回は、以前報告していた通りミミさんのお手伝いとして出店者側に立たせて頂きました。


開場前はこんな感じ。
_SDI0001.jpg
お客さんのいない会場内というのは不思議な気分でした。
嵐の前の静けさといったところでしょうか。


そして、我らが『~ くわがたの森 ~ Pure Forest』のブースがこちら。
_SDI0002.jpg
カラフルでミミさんらしさがとても出ている店構えです。
そして、なにより目を見張るのが管理表のこと細かさ。
一目見ると全てが分かるように書かれていました。
私も見習いたいと思います。



開場時はワクワクというかドキドキというか…
何とも言えない緊張感がありましたが、徐々に来場者が増えてくるにつれ楽しめるようになりました。
ブース内から見る景色は新鮮でした。


出店者側に立って思ったのが、『お客さんの側の時は虫を見る、出店者側の時は人を見る』ということ。
購入者として参加していた時は、正直店員さんの顔とかあまり覚えていませんでしたが、お店の中にいるとお客さんの顔って結構覚えてるものですね。
何度か立ち止まってくれる人がいると「興味持ってくれてる」と自分の育てた虫ではなくても嬉しくなりました。



そして、今日はたくさんの方とお会いすることができました。
ゆーたろくん、ミミさん、あわゆきさんとは嬉しい再会。
ドルクス・タカさん、テツさん、youさん、だまらおさん、大ちゃんさん(お会いした順)とは初めましてのご挨拶をさせて頂くことができました。
皆さんとても良い方たちで、いろいろな話を聞けて刺激的な出会いでした。
皆さん今日はありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしております。



今日の総括としては、『お客でも店員でもKUWATAフェスは楽しい』ということです。
次回の横浜開催は11月。
少し間が空きますますが、今から待ち遠しい限りです。


余韻に浸りながら今夜は眠りにつきたいと思います。

婿探し と BE-KUWA最新号

ずっと音沙汰のなかった祖父江産の♀幼虫。
食痕もなく、瓶を振ってみても音もしないので思い切って掘ってみました。
「ダメかなぁ」と思いながら掘っていると、大きな空間を発見。
羽化してました。
まだ羽化して2、3日ほどのようでしたのでそのまま体には触らず蓋をして元に戻しました。
綺麗に羽化してくれたようで安心しましたが、親は大型なのにサイズは小さそうです。
まぁ無事羽化してくれてのでヨシとしましょう。


しかし、ペアで購入したにも関わらず♂はすでに☆になっています。
何とか累代したいので、来年は婿探しをしようと思います。




話は変わりまして。
今日はBE-KUWA最新号の発売日。
仕事終わりにむし社さんへ行き手に入れてきました。
まだ見ていませんが、個人的にドンキエルコクワの飼育記が気になるところです。
いつか真っ赤な赤ドンキを飼育してみたいですね。


では、これから読みふけりたいと思います。

お供致します

7月になりました。
7月と言えば『夏』
夏と言えば『KUWATAフェスティバル』でしょう。
今年の夏の横浜は7月7日の七夕開催。
なんだか素敵な出会いがありそうな予感がします。



KUWATAフェスティバル横浜

詳細
 ○日時
  7月7日(日)
 ○場所
  日石横浜ホール
 ○時間
   13:00〜16:30
 ○入場料
  大人500円
  子供300円
 ○特典
  先着50名までにはプレゼントあり。
  さらに先着100名までには特製缶バッジプレゼント。



今回も参加予定ですが、今回はお客ではなく出店者側に立たせて頂きます。
と言っても自分の虫を販売するのではなく、姫様のお手伝いという立場です。
7月が近づいてきたある日、姫様より「お供せい」との連絡が。
わたしは「…………喜んで!!」と居酒屋の店員さんよろしく二つ返事をしたのでした。
姫様の命では断ることなんかできません。
『今回も先着の缶バッジGetするぜ』とか『今回はどんな虫がいるのかなぁ』なんて考えていたのは過去の話。
当日は全力でお供させて頂きます。



ご来場の皆様、『~ くわがたの森 ~ Pure Forest』にお越しの際には姫様の一歩後ろでたたずんでいる者にもお声掛け頂けると嬉しいです。
もちろん姫様に会いに行くついでで構いませんので。
よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。