2013年02月

萌えるとはこういう事

我が家に来て以来、不必要にストレスを与えないように覗かずにいたウッディ。
帰宅後どうしても気になり『生存確認』という勝手な言い訳を作ってケースを開けてみました。
マットを少し多めにしていたのですが、♂は頭から上を地上に出す体勢でのんびりしていました。

が、ケースを開けた途端、大顎を開きこちらを威嚇してきました。
その姿に気持ちの悪い言い方をすると『萌え』ました。
今まで分からないかったですが、「萌えるとはこういう事か」と実感。


思っていた以上に元気そうで安心しました。
♀の姿も確認できましたし、後食はまだ先のようでしたが経過は順調です。
現在はさすがの超VIP待遇にしており、ワインセラーにて低温管理中のため、乾燥防止に霧吹き噴射をしてそっと元に戻しました。

ほんの数分の再会でしたがこれほどテンションが上がったのは久しぶりです。
これで無事後食してくれようものならテンションがどこまで跳ね上がるか分かったもんじゃありません。



もう一度この手に乗せたい気持ちを抑えて、焦らずじっくり休んでもらう事を今は心がけたいと思います。
スポンサーサイト

特別開催

KUWATAフェスティバル2013大宮の余韻が冷めやらぬ今日この頃ですが、なんと!!今年は4/21(日)に横浜にてKUWATAフェスが特別開催されるそうですよ!!
曜日が合わず行けなかった大宮の話題に少しでも触れたいと思い、いろいろな方のブログを拝見している時にこの情報をgetしました。
次回は日曜日ということもあり行けそうな気がします。


大宮と比べると小規模と言われる横浜会場ではありますが、夏まであの雰囲気を味わえないと思っていただけに開催を知ったときは興奮しました。
あと2ヶ月という間があるわけですが、今から心待ちにしたいと思います。


ところで、土曜日にあった大宮会場。
たくさんの方が行かれたようで羨ましい限りですが、ブログを回っていると『楽しかった』という意見と『イマイチだった』というのが半々だった気がします。
『イマイチ』と評価した人の大半が、クワガタブーム全盛期のイベントを知っている方たちで、そういった方たちからすると現在のイベントは物足りないと感じるのかもしれませんね。
それは仕方のないことかもしれませんが、数少ないイベントですから。
みんなで盛り上がれるイベントにしていけたらいいですね。

個人的には、今回先着100名までに配られたという缶バッヂが気になります。
次のKUWATAでも配られるといいなぁ。



まだ少し先の話ですが、今回参加できなかった方、横浜は行けるという方、出店者さんたちだけが頑張っても盛り上がりません。
こちらもイベントに参加する気持ちで楽しみましょう!!

KUWATAフェスティバル大宮

KUWATAフェス最大のイベントが今週末に迫ってきました。
行ったことはありませんがKUWATAの中でも最も盛り上がるイベントのようです。
ものすごく行きたかったのですが、今回は参加できそうにありません…
ん〜、どうして即売会は土曜日に開催なのでしょうか…
日曜日開催ならば間違いなく行っていたのに…



嘆いていても仕方ありませんので、少しでもイベントが盛り上がってくれることを願い告知だけでもしてみようと思います。


KUWATAフェスティバル大宮

詳細
 ○日時
  2月16日(土)即売会
  2月17日(日)標本フェアー
 ○場所
  大宮ソニックシティー第一展示場
 ○時間
  16日 13:00〜
  17日 10:00〜
 ○入場料
  大人500円
  子供300円


先着50名までにプレゼントがあるそうです。
いったい何がもらえるのか。
気になりますね。
手に入れることができた人はこっそり教えてください。


そして、今回の大宮会場ではトップブリーダーの一人であり昆虫界の姫でもある ~くわがたの森~ Pure Forest のミミさんが出店されます。
これは、開場と同時に真っ先にブースに向かう価値がありますよ。
何といっても、あのミミさんが大切に育てた貴重なクワガタを手に入れる絶好の機会ですから。
是非とも直接行きたかったですが、今回は遠く離れた場所から応援させてもらうことにします。


その他のショップも全国から集まってくるみたいですし、見て回るだけでも楽しいこと間違いありませんね。


クワガタブーム全盛期のことはよく分かりませんが、こういうイベントを通して全盛期以上に昆虫界が盛り上がってくれるといいですね。
やはりブリーダーさんが増えるとモチベーションも上がりますし。


今回の大宮会場に行かれる方、思い切り楽しんできてください!!

2013年種親

2月も10日が経った事もあり、今期の種親たちのマット交換を行い簡易温室に移しました。
本当は自然に起きるのを待つのが一番なのでしょうが、理想的にブリードするにはそろそろ起きて準備体操してもらった方がいいと思いまして。
とは言っても、簡易温室内は20度前後。
本格的に活動を開始するのはもう少し先になりそうです。



ということで、今期の種親たちのご紹介。
まずは、今期一番期待している佐賀県筑後川流域産。
DSC_0049.jpg
DSC_0033_20130210153304.jpg
♂70mm × ♀43.5mm F4

ミミさんより譲ってもらった大切な子たちです。
本日確認したところ、問題なく冬を越えてくれた様子で安心しました。
昨年は姉妹♀の45mmに産卵してもらいましたが、遅い時期だったこともあり4頭(現在は3頭)の幼虫に留まってしまったので、今年はこの♀に頑張ってもらいたいものです。
ただ、少し顎が欠けているのが気になるところです…



続きまして、去年いとこから突然送られてきた福岡県久留米市産。
DSC_0012.jpg
DSC_0030.jpg
♂79mm × ♀49mm

こちらはマツノインセクトさんより、いとこが購入し累代してきたペアになります。
有名血統が我が家でどんな結果になるか興味あります。
ただ、あまり血統うんぬんに興味がない身としては正直ピンときていません…
どのくらい違うものなのか観察していきたいと思います。



以上。



……
少ないですね…
今年は能勢の中止を決めました。
前回書いた4本の符節欠けの♀の状態が良くないためです。
残念ですが仕方ありません。


そして、去年クワデリさんより譲って頂いた山形県産が☆になりました。
無事越冬して、今年も頑張ってもらいたかったのですが非常に残念です。
ワイルドだからなのか、管理が悪かったのかは分かりませんが、今後は彼女の忘れ形見を大切に累代していきます。8頭の子供を残してくれた彼女に感謝。
いつかまたワイルドを累代してみたいものですね。



そういう訳で今期は少し寂しいブリードになってしまうかもしれません。
今年も少数精鋭でいきましょうか。
本当は祖父江をブリードしたいのですが、我が家の祖父江はまだ幼虫ですし、販売しているところもない…
最近はショップも某有名能勢と久留米に偏り過ぎな気がしますね。
販売する側としてはしょうがないことのなのでしょうが。


これから予定変更するかもしれませんが、現在確定しているのは上記2ペアです。
3月中には産卵木を用意しないといけませんね。
4月にはペアリングをして、ゴールデンウィークに産卵セットを組み、6月中には1本目へ投入。
予定通りにいくかは分かりませんが、今期はこんな感じでやっていくつもりです。

モゾモゾと

ここ数日の暖かさで、常温管理している国産オオたちが動き出しています。
今日覗いてみるとモゾモゾしている個体がちらほら。
どうしようか悩んだ結果、このまま起きてもらってもいいやと思いゼリーを投入し目覚めのシャワーを浴びせました。
ただしまだ本調子ではないでしょうからゼリーはスプリッターで半分に。
活発になる前にゼリーを用意しておかないといけませんね。


予定としては、3月までに起きてもらって4月いっぱいはゼリーを食べてもらい、ゴールデンウィークにはペアリング開始ですね。
楽しみな時期が近づいてきた一方で、今日覗いた中に残念な個体が…
能勢産の新成虫♀なのですが、符節が4本も取れてしまっていました…
越冬中にこのようなことになったのは初めてです。
原因は分かりませんが、乾燥させ過ぎたからかもしれません。
ん〜、これは産卵できるのでしょうか??
ちょっと実験的に産卵させてみましょうか??
あまり負担にならないように。


今年は去年できなかったことにも挑戦していきたいですね。
毎年少しづつでもレベルアップしていきたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。