2013年01月

ウエストウッディ

ウエストウッドオオシカクワガタ(Rhaetus westwoodi westwoodi)来る!!

DSC_00681.jpg
インド・ウエストベンガル州カリンポン産 WDF1 84mm


ついに憧れのウエストウッディを手に入れてしまいました。
初めてその存在を知ったときから、ずっとこの手に乗せてみたいと恋い焦がれていたクワガタ。
今回、かなり思い切って飼育を初めてみることにしました。


実物を初めて見ましたが興奮しました!!
手が震えることって本当にあるんですね。
写真を撮るのも一苦労でした。
でも、この写真…
せっかくのウッディなのにマットまみれで申し訳ない…
休眠中ということであまり長い時間触りたくなかったんです。
まぁ、興奮し過ぎてそこまで気付かなかったというのが正直なとこですが…
休眠明けに改めて画像載せさせてもらいます。

現在はマットを多めに入れ常温管理。
晩春頃に後食を開始するでしょうから、それまでは徐々に温度を上げつつ20度を超えないようにしようと思います。
さすがに手が掛かりそうですが、そんなもの屁でもありません。
むしろ手を掛けさせてほしいくらいです。


当面の目標は、♂♀共に無事後食をしてくれること。
触りたい気持ちを抑え、今は休眠に専念してもらいましょう。
頑張ります!!



今回お世話になったのは 『MANDIBRES』 さん。
オンライン専用のようですが、珍しいクワガタばかりを販売しているショップです。
対応もとても親切で安心して取引することができました。
そして、ちゃんと証明書付き。
DSC_0076.jpg
MANDIBRESさんオリジナルの証明書(画像)とこの親のLUMBERJACKさんの証明書のコピー。
ここには記載がありませんが、別血統のペアになりますので、この子たちの子供はCBF1になります。
なんとかCBF1の子たちに会いたいものです。

MANDIBRESさん今回はありがとうございました。
スポンサーサイト

天然カワラ材

思い切って購入した天然カワラ材が届きました。
カワラ材には天然の物と人工の物の2種類がありますが、天然の物は当然のことながら値が張ります。
そして販売しているところが少ないのが難点。
いろいろと検索しやっと良さそうなショップを発見し注文してみました。
今回お世話になったショップさんは 『富山のクワ貧』 さん。


そして先ほど届いた物がこちら。
DSC_0033.jpg
おぉ、いっぱい入ってる!!
確か注文したのは4本だったと思いましたけど??
中身を取り出してみると「オマケ」の文字。
しかも2本も。
お心遣い感謝いたします。
大切に使わせてもらいます。
本当にありがとうございました。



さて、この貴重な材をどうするかというとバクテリア材にしようと思っています。
すでに6本のコナラをバクテリア材にすべく作成中ですが、もう少しあった方が良いと考え今回追加したわけです。
全部で10本にしようと思っていましたが、嬉しいことに12本になったため心にゆとりができてきました。
充実感がすごいです。

例年はこんなに早く準備を始めたりしませんが、今年は野望の為にすでに下準備中なのです。
やっぱり作業することがあるとモチベーションが上がりますね。
最近楽しくて仕方ありません。



クワ飼育が好きだなぁと改めて感じている今日この頃です。

こちらも2本目へ

佐賀産と共に山形産WDF1幼虫たちも2本目へと移しました。
貴重なWDF1ですからサイズよりも完品を目指していましたが、思いのほか体重が載ってました。
とはいっても第一世代としてはということでですが。


最大体重は♂が20.2g、♀が11.3g。
1本目が10月だったことを考えると悪くない数字のような気がします。
これは今期に期待できそうな家系かもしれません。
どうか親♀には無事この冬を乗り切ってもらいたいものです。



話は変わりますが、昆虫専門オークションサイト 『ムシムシ・ハンマープライス』 が復活しましたね。
早速アカウントを取得してみました。
まだまだ復活間もないということで1月いっぱいは業者さんのみの出品のようですが、2月からは個人でも出品できるようになるそうでビッダーズのように盛り上がってくれることを期待しています。
y○hooはちょっと…ねぇ…
さらにさらに、今後電子版KUWATAも配信されるそうで。
こちらも注目せずにはいられませんね。


ワイルドプライドさん。
これからも昆虫業界に嬉しいニュースをたくさん届けてください。

♂♂♂

能勢に引き続き佐賀産も交換しました。
こちらは4本だけでしたので、まさしくあっと言う間でした。
食痕の目立つものから土堀り開始。
頭数が少ないので全て写真で紹介していきます。



DSC_0003.jpg
SG12-01

DSC_00121.jpg
SG12-03

DSC_0018.jpg
SG12-04



1頭は残念ながら☆になってしまいました…
掘り進めていっても、まったく食痕が見当たらないときのあの悲壮感は慣れません…
慣れたくもないですが…


しかし、今回の結果…
まさかの3♂!!
あろうことか♀不在。
なんとかブリードしていきたいと考えていましたが、この代ではそれも叶わなくなってしまいました。
まだ親は健在のはずですから、今期はなんとしても幼虫を残してもらはなければなりませんね。


割出が遅かったため大型は狙えないかもしれませんが、もう少し成長してくれれば親越えは狙えそうな感じです。
これからの伸びに期待しつつ、どうか暴れないでと願うのみです。

心配は尽きない

ようやく我が家でも3本目への交換をしました。
菌糸の劣化が少なかったこともあり、前回の交換から約100日での交換になりました。
ブログなどを見ていると40gを超える幼虫なんかも出てきているようで、これは今年のうちに間違いなくギネスが更新されるのではないかと思います。
どこまで大きくなるのか興味は尽きませんね。



そんなわけで我が家の交換。
まずは♀幼虫たちから土堀りを開始しました。
前回体重が軽かった子から順々に。


。。。。。。


まずまずでしょうか。
頭数が少ないのであっという間に終わってしまいました。
前回13.2gから12.6gにダイエットしてしまった1頭を除いて、みんな微増ながら成長してくれていました。
よかったよかった。
ただ残念な事に、前回の交換時に黒点があった子には今回再会することができませんでした…
障害があったとはいえ、無事に羽化させてあげられなくて悔いが残ります。
どうか、残りの子たちは無事に育ってくれますように。

♀の中で一番重かったのがこちら。
DSC_0118.jpg
14.6gから16.1gに1.5g増えていました。
マイ♀ギネス更新です。
7月に一番重かった子は0.1g増の15.6gでした。



続いて♂の交換です。
こちらも軽かった順に掘り進めます。


。。。。。。


おぉ、♂は♀と違って体重の伸びが大きいです。
さすが食べ盛りの3齢幼虫。
♂はダイエットをしている子はいませんでした。
そして、なにより嬉しかったのは5頭すべてが無事だったこと。
ホッとしました。

♂の最大がこちら。
DSC_0134.jpg
35.1g。
ここまで大きな幼虫を見るのは初めてです。
前回唯一30gを超えていたので期待はしていましたが、期待以上に成長していてくれていました。
さすがに35gを超えると、重みが他の子とは違いズッシリとしていました。
今回はこの他にも30g以上の子がいたので、そちらも楽しみです。



さてさて、これでやるべき事はすべてやり終わりました。
あとは余程暴れる子が出てこない限りこのまま蛹化までノータッチです。
みんな頑張ってくれたお陰で春が楽しみでしょうがありませんが、あまり大きくなり過ぎると蛹化・羽化時に負担がかかるでしょうから心配でもあります。
無事羽化してくれるまで心配は尽きませんね。


それにしても、本当に今更ですが今年は幼虫が10頭しかいません。
山形と佐賀合わせても20頭ちょっと。
今年は少数精鋭で最後まで管理に手を抜かずにいきたいと思います。

遅ればせながら

皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。



新年の挨拶が遅れてしまいすいません。
年明け早々まさかの急性胃腸炎というものになってしまい、元日から病院で点滴をうってもらう羽目になってしまいました。
お雑煮を食べるまで何ともなかったのに、ニューイヤー駅伝の途中からあれよあれよと体調が崩れ「まずい」と気付いても時既に遅し…
いや〜、きつかった。
あんな思いはもう二度としたくありません。


病院って正月だと割増しになるんですね…
知らなかった…



そんなわけでせっかくの休みも寝たまま終わってしまい、これが本当の寝正月かぁなんてつまらない事を考えてしまう始末。
今日から仕事始めだったため、楽しみにしていた初売りにも行けませんでした。
毎年、電気屋の初売りに行っていただけに悔やんでも悔やみきれません。
そういえば初詣にも行ってませんしね。



2013年いまだに良い事が一つもありませんが、さすがにこれ以上は悪くならないだろうとポジティブに考えて明日から頑張っていこうと思います。
今年もよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。