2012年11月

『ブナ菌床』これまでの感想

北日本では大荒れの天気になっているようです。
北日本にお住まいの皆さん大丈夫でしょうか??
くれぐれも事故や怪我には気を付けてくださいね。

それにしても、あんなに厳しい自然界で生きているクワガタたちは強いですね。
やはり日本のクワガタが一番です。



さてさて。
10/03に1本目へと投入した山形県産WDF1たち。
もうすぐ2ヶ月が経とうとしていますので少し様子を覗いてみました。
この子たちは初めて使用したブナ菌糸に入ってもらっていましたので、どんなものか心配していましたが、どうやら元気な子が多いようです。
DSC_00812.jpg
約2ヶ月間ブナを使ってきての感想としては、オオヒラタケ系の菌床よりも食いが早いような気がします。
もちろん偶然かもしれませんし、個体差もあるでしょうが、これまで我が家では菌糸投入から1ヶ月では食痕は見られないものが多かったのですが、ブナではほとんどのビンから食痕が確認できました。
数が少ないので確かなことは言えませんが、同じ菌糸を使っている佐賀産も似たような状態なところを見ると、あながち間違いではないように思います。
ただ、食いが早いからいい結果に繋がるわけではないでしょうからこれからの経過に注目ですね。



来期はもう少し数も増える予定ですので、気になる菌糸を使ってみてどれがしっくりくるか探してみようと思います。






※追記
「オオヒラタケ系の菌床よりも食いが早い気がする」という部分ですが、正しくは「クヌギやコナラ主体の菌糸と比べて食いが早い気がする」でした。
トモさん、ご指摘いただきありがとうございました。
これからも間違っている部分がありましたら、教えていただけると助かります。
スポンサーサイト

いい夫婦の日

今日、11月22日は語呂合わせで『いい夫婦の日』と言われていますね。
誰が名付けたのかは分かりませんが、語呂合わせとあだ名を付ける人は本当にユーモアのセンスがあると関心してしまいます。
まぁ、今日がいい夫婦の日でも結婚していない身としてはあまりピンとこないのが正直なところですが…



ここから我が家の管理方法の話に移ります。
我が家では基本、種親にしたorする予定のペアはコバエシャッター小に仕切り板を入れて隣合わせになってもらっています。
特別珍しい方法ではないと思いますが、こうすることで種親にした個体を忘れなくて済むので助かります。
そして、この管理方法の1番のメリットは仕切りを外すだけで簡単にペアリングができるということです。
ペアリングケースに♂を移動させて、慣れるまでしばらく待つという手間が省けるわけです。
待つ事が苦手な性格としては、これが結構便利なんです。
もちろんデメリットもありますが、これからもこの方法でやっていくつもりです。
1頭の♂に複数の♀をペアリングする方には全くもって意味を成さない方法ですはありますが、1♂×1♀しかやらない我が家にはもってこいなのです。


というわけで、現在隣同士で越冬準備に入っている今期・来期の種親ペアたち。
今のところ特に問題が生じていることもなく越冬体勢を整えていてくれています。
これであとは来年の春にペアで無事に出てきてくれるのを願うだけになりました。

ゆっくり眠っておくれよ。



いい夫婦の日にちなんで、来期はみんな仲のいい夫婦になってもらいたいクワガタ夫婦の話でした。

BLACK OUT

BLACK OUT2012開催。

詳細
 ◦日時
  11月18日(日)
 ◦場所
  産業貿易センター・浜松町館 2F
  開場HP http://www.sanbo.metro.tokyo.jp/hama/index.html
 ◦時間
  先行入場 12:00〜17:00
  一般入場 13:00〜17:00
  半額入場 15:00〜17:00
 ◦入場料
  先行入場 大人1,800円 小人900円
  一般入場 大人1,000円 小人500円
  半額入場 大人500円 小人250円
 ◦プログラム
  11:00〜 会場入り口にて整理券番号入り入場チケットを販売開始
  12:00〜 先行入場開始(入場景品有り)
  12:50頃 先行抽選会(先行入場者のみ対象)
  13:00〜 一般入場開始
  14:00頃 大抽選会(入場者全員対象)【昆虫の部】
  15:00〜 半額入場開始・大抽選会(入場者全員対象)【爬虫類の部】
  17:00  閉場
 ◦HP
  BLACK OUT 公式HP



今年関東で行われる最後のBLACK OUTです。
去年の浜松町、今年の夏の埼玉スーパーアリーナの2度参加しました。
今回は見送りますが、過去の2度は共に盛況だったように感じます。
昆虫と爬虫類の比率としては、3:7といったところでしょうか。
昆虫のみを目当てに行くと少し物足りないと感じてしまうかもしれませんが、爬虫類ブースには動物園でしか見たことのないような珍しい生き物がいますので見るだけでも楽しめると思います。
虫スペースが少ないとは言っても、販売価格はイベントだけあって普段より格安で販売されています。


次回、関東で行われるのは3月18日(日)ですので、目当ての虫がいる方は今回参加されてみてはいかがでしょう。

思ったよりも賑やかでした

行ってきましたKUWATAフェス。
どのくらいの人が来るのか分かりませんでしたが、想像していたよりもたくさんの人が参加していました。
会場内は人々の熱気で暑いくらいでした。
決して空調のせいではありません。


今回はブログ開設当初から仲良くさせていただいてる ミミさん とお会いすることができ、興味深いお話をたくさん聞くことができました。
Web上で知り合ったクワ友さんと会うのは初めてで会うまでは緊張しましたが、ミミさんがとても気さくな方でいろいろと話していただけたので楽しい時間を過ごすことができました。
ミミさん、今日は本当にありがとうございました。



さて、今日の戦利品の話に。
と言っても、結局何も購入しませんでした。
運命の出会いはなかったことになりますが、あれだけ見て回っても購買欲が湧かなかったということは、現状に特に不満がないのだと思います。
まぁ、興味のあった種が販売されていなかったからというのもありますけど、今は家にいるクワたちを大切にしていきます。


しかし、やっぱりKUWATAはいいですね。
普段はなかなか行けないようなショップさんも参加していたり、綺麗な標本も見ることもでき、まさにイベントという感じでした。
そして今回1番衝撃的だったのが、『習クワ』さんのブースにいた雑誌BE-KUWAで国産オオクワガタの♀ギネスとして認定されている58mmです。
あんなに大きな♀がいるのかと驚きました。
それも、ただ大きいだけではなく、まるまると太った全体的に「巨大な」個体でした。
あれだけの大きさになると少し気味悪くさえ思えました…
その他にもリバーフィールドさんの10万円もするヘラクレスに見蕩れたり、なぜか販売されていたアオダイショウ(蛇です)を見て「本当に青いんだ」と一人で関心したり、外国産の大型G(ゴ○ブリです)を見て見ぬ振りしたり…
充実した1日でした。
はるばる横浜まで行った甲斐がありました。



次回のKUWATAフェスは2月16日(土)に大宮で行われます。
KUWATAの中では1番盛り上がるそうです。
そして、KUWATAフェスの主催者であるワイルドプライドさんがWeb上で雑誌KUWATAのような記事を読めるようにしてくれるそうですよ。
そしてそして、ビッダーズに変わるオークションサイト『ムシムシハンマープライス』を12月を目標に立ち上げてもらえるとの事でした。
そちらも要チェックですね。

行くぜ、横浜!!

いよいよ明日に迫った『KUWATA Festival 横浜2012』に参戦してきます。
もちろん客としてです。
最初から最後までいろいろ見て回ってこようと思います。
ここ最近の不運を忘れるくらいの運命の出会いはあるのか!?
結果は明日報告させてもらいます。




さて、早速話は変わるのですが、カテゴリ欄に新たに『イベント・企画』を設置しました。
というのも、最近アクセス分析の検索キーワードを見ていると『kuwata』の文字をよく目にします。
これは時期的に検索される方が多いためと思われます。
が、はたしてどれくらいの方がkuwataフェスのことを知っているのか疑問なのです。
もしかしたら、運営側があえて情報を少なくしているのかもしれませんが、正直ある程度クワガタ飼育を続けていないとこのイベントの存在自体を知ることは少ないような気がします。
僕も今年に入るまで知りませんでしたし…
それ以前に、まさか日本でヘラクレスの成虫を飼うことができるなんて3年前まで想像もしませんでした。
もちろんムシキングブームは知っていましたが、それはあくまでゲームの世界の話でしかないと思ってましたから…

このような実体験から考えるに、昆虫飼育の世界には情報が少なすぎるんです。
いくらインターネットが普及してきているとは言え、存在すら知らないイベントに辿り着くのは難しいでしょう。
昆虫ブームが去った今、長く更新されていないサイト・ブログも多く見ますし。

ほとんどの趣味はコアなものだと思いますので、この趣味をしている方が多くても少なくても正直僕は気にしないのですが、やっぱりたまのイベントにはたくさんの人がいると楽しいですよね。
それに、カブトムシやクワガタを飼うというのは、どちらかというと身近なことです。
そこで、イベントやさまざまな企画の紹介をして、微力ながら集客力アップに貢献できたらと思い今回からこのカテゴリを新設しました。
「クワガタ イベント」とかで検索すればこのブログに辿り着いてもらいたいですね。
昆虫ブームの終焉を嘆くより、新たな時代を作りましょう!!




今回紹介するイベントは、もちろん

KUWATA Festival 2012

前日の22時過ぎに紹介するのは遅すぎるかもしれませんが…


詳細
 日時:11月11日(日)
 場所:日石横浜ホール(日石横浜ビル1階)
    会場HP http://www.nybldg.jp/index.html
 時間:13:00〜16:30
 入場料:小人(小学生)300円 大人500円

年内最後のkuwataです。
生体だけではなく標本も販売されており、昆虫のみの即売会としては最大級の規模を誇ります。
さまざまなショップが集まり、店員さんや他の方達とお話をすることができますので、購入以外にも情報収集の場にもなる貴重なイベントです。
最寄りのJR桜木町駅は、横浜駅から1駅とアクセスにも便利です。
前回初めて参加した経験から言わせてもらいますと、興奮すること間違いなしのイベントです。
初めての方、これからクワカブを飼育しようと考えている方、お子さんのいらっしゃる方、常連さん、全ての方が楽しめると思いますので、全力でおすすめです。

3年目のジンクス(?)

いい事も悪い事も続くときってありますよね??
いい事が続いたときは「ラッキー」って思いますし、悪い事のときは「たまたまだよ…」と割り切ったりもします。
しかし、今週に入ってから仕事と私事でちょっとした不幸が続いています。
仕事のことは置いといて、私事はもちろんクワガタたちのこと。



ソフトな話題からいきますと、通販で注文した温室がまだ届きません。
Yahoo!ショッピングの某ショップで注文したんですが、2週間経ってもなんの音沙汰もなし。
さすがに気になりショップに電話で問い合わせましたが、なんだかいまいちの対応でいつ頃届くかの問いに「11月…中旬…くらい」とのこと。
まぁ、この時期温室は注文が殺到して遅くなることもあるでしょうが、それならそれで連絡くらいしてほしいものです。
メールの一通もあればだいぶ違うのですが…
今回は諦めるとして、今後このショップにお世話になることはないと思います。



次に祖父江産幼虫ペアの話。
前回の交換が8月上旬でしたので交換しました。
♀は順調に成長していましたが、♂の方はものすごく小さく体重は9gちょっとしかありませんでした。
これが発育不良によるものなのか、ショップ側が♂♀の判別を誤ったのか…
どちらにせよブリードはできそうもありません…
やっぱり幼虫での購入は危うさと隣り合わせですね。
自分の力不足ももちろんあるでしょうが、愛知県産は楽しみにしていただけに非常に残念です…



そしてもう一つ。
これがここ最近で一番ショックだったのですが、先日採集した中野区産コクワの♀が天に召されました。
最初は越冬状態に入り動かないのかと思ったのですが、今朝ケースを動かしてもまったく動きがなかったため手の上に乗せてみると、触覚を縮め唇を出した状態でした。
ワイルドなので仕方ないのかもしれませんが、もう少し気にかけて見ていればよかったと後悔。
しかも、♂ならまだしも♀とは…
コクワギネスへの道が遠のいてしまいました。
せめてもの救いは、あの場所にもコクワがいると分かったことです。
来年また行ってみようと思います。




以上が今週に入ってから起こった出来事です。
不幸というより愚痴ですね。
すみません。


去年・一昨年が順調だっただけに上手くいかないことが目に付くようになってきました。
どこかで慣れてきたと油断していたところがあったのかもしれません。
もう一度気を引き締めて今いるクワたちを飼育していこうと思います。

現在の飼育数

現在の飼育数を把握したくて調べてみました。
今回は管理用のデータになりますので、個人的な内容ですみません。



<成虫>
オオクワガタ :大阪府豊能郡能勢産 ♂4 ♀4
        佐賀県筑後川流域産 ♂1 ♀2
        福岡県久留米市産  ♂1 ♀1
        山形県産       ♀1
コクワガタ  :東京都練馬区産    ♀1
        東京都中野区産   ♂1 ♀1
ヒラタクワガタ:東京都稲城市産   ♂2 ♀2

<幼虫>
オオクワガタ :大阪府豊能郡能勢産 11頭
        佐賀県筑後川流域産 4頭
        山形産       8頭
        愛知県旧祖父江町産 2頭

合計:成虫21頭 幼虫25頭



ん〜、だいぶ減りました。
今年は親戚の子供たちだったり、近所の子たちにあげたりしたのでメインの能勢ですら4ペアしか手元にいません…
今となっては、少し羽振りよくしすぎた気もします。
しかも、来期の種親にと思っていた♂が何故か☆になってしまったこともあり、来期も今年の親♀に頑張ってもらうことになりそうです。

それにしても、あまり意識していませんでしたが国産しかいませんね。
狙ったわけではないのですが…
皆さんのお陰で国産オオはものすごく充実しましたが、その他の種はヒラタしか増えていませんでした。
飼育してみたい種はたくさんあるものの、なかなか手が出せないまま現在に至ります。
思い切りも大切ですね。
まぁ、温室が届いたらもう少し飼育スペースに余裕ができるでしょうし、来週にはkuwataもありますからそこで運命の出会いがあるかもしれません。
一期一会に期待してます。


皆さんのブログを拝見しながら自分も飼育している気分になりたいと思いますので、これからもお邪魔させてください。
よろしくお願いします。

奇跡のコクワ

今日は仕事が早く終わったので、中野区の某公園に行ってきました。
この公園はなかなかの広さがあり、クヌギやコナラなんかの木も生えているので、夏に何度か採集に行ったことがありますが、肝心のクワガタたちを見つけたことはありませんでした…


今日から11月。
さすがにいないだろうと思っていましたが、なんと発見してしまいました。
コクワガタの♂。
樹皮の間に黒いお尻が見えたので、落ちていた枝で突いてみるとモゾモゾと出てきたので捕獲。
2年ぶりにWILDをゲットしました。
しかも、地元産は産まれて初めてです。
いや〜、採集できるだけでも嬉しいのに、地元産ともなるとさらに嬉しいですね。
久しぶりにあんなにテンションがあがりました。
しかし、まさかいるとは思っていなかったので入れるものを持っていませんでした…
仕方なく鞄に入れっぱなしになっていた紙コップに入れることにしました。
大好きなコクワを採集することができたので大満足で帰ろうとした時、公園の出口付近にまたしても黒い物体が!?
今度はコクワ♀を発見。
こんな事ってあるんですね。
こんな時期に地元産のクワガタをゲットすることができるとは。
♀だけ連れて帰ろうかとも考えましたが、せっかくなのでペアで迎え入れることにしました。


家に着いて早速記念撮影。
DSC_00441.jpg
DSC_00641.jpg
やはり地元の自己採集個体というのは特別なものを感じてしまいますね。
東京都西部とはいえ、れっきとした23区であるこの場所で…
まさしく奇跡のコクワです。
コクワ好きとしてはたまりません。
コクワくらいで大袈裟だと思う方がいるかもしれませんが、本当にそれくらい嬉しかったんです。
来年はこの親からギネスUPを狙います。
本気でコクワブリードに励みますのでよろしくお願いします。




テンションに任せて殴り書きしたため、読みずらい点などありましたらすみません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。