オオクワガタ(山形産)

♀の資質

皆さんに遅ればせながら我が家も1回目の瓶交換をやっています。
この時期の交換は山形の23本のみなので、ゆっくりやっていたら思いの外時間がかかってしまいました。

この山形産の交換で特記すべきことはありません。笑
ただ、WILD♂とWF1♀の掛け合わせということで大きさを求めるのは酷かもしれませんね。
なんと言っても♂の方が小さいくらいでしたから。笑

そんな中でも、最大で♂は22g♀は16g越えが出てくれたのは良かったです。
やはり♂の大きさも重要ですが、♀の資質が与える影響は大きいように感じます。
昨季のWF1では達成できなかった75mmUPの個体をなんとか育てあげたいところです。


久しぶりの記事なのに読み応えのないものですみません。笑
幼虫画像も見飽きたと思いますので、今回は画像なしということで。

こんなブログではありますが、これからもよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

2年待った甲斐があった

山形産オオクワの羽化も無事に終わりました。
6頭全て1ヶ月前には羽化を確認しており、掘り出しを心待ちにしていました。
もう体長も固定されたでしょうし早速サイズを測定してみました。

20140629225910930.jpg
1番星74mmUP

WILDからの累代ということでサイズはまったく気にしていませんでしたが、この♂を筆頭に4♂全頭70mmを超えてくれました。
嬉しい誤算です。
2年待った甲斐がありました!
♀も全て40mmを上回ってくれましたし万々歳です。

この血統からいずれは80mmという夢も広がりました。


これにて、2012年度の山形産は終了です。
今後は、この同腹♀とWILD♂から採れた子たちにバトンタッチになります。
極小♂からどのような個体が羽化してくるか楽しみです。

快調なスタート

山形県産オオクワの割出をしました。
一掘りするとすぐに現れてくれました。
201406142115148bd.jpg
WILD♂ × WF1 CBF1幼虫


その後、材をバラバラになるまで掘り続け、最終的に24頭の幼虫を得ることができました。
20140614211516987.jpg
我が家としては満足な結果です。

もう少しプリンカップで管理してから菌糸に移します。
今季最初の割出は快調なスタートを切れました。

雄叫びをあげる

数日前のことですが 先日露天掘りしていた 2年1化組の山形県産オオクワが羽化していました。

2014052517381253f.jpg
2012年クワデリさん採集のWILD♀34mmから採れた貴重なF1個体。

初めての2年1化ということもあり心配しておりましたが見たところ綺麗に羽化してくれています。
昨年は2♀のみの羽化に止まり、♂の羽化を心待ちにしていました。
仕事から帰り、この姿を目にした私が雄叫びをあげたのは言うまでもありません。笑


クワデリさんのプレで当選させていただいてから早2年。
ようやくここまできたかという感じがします。
改めまして、貴重な個体をお譲りいただいたクワデリさんにはお礼を言わせてもらいたいと思います。
ありがとうございました。


♀も心配なさそうですし、累代に影響はなさそうです。
誰色にも染められていない真っさらな血脈。
どのようにして自分色に仕上げていくのかがこれからの挑戦になりそうです。

この姿が見たくて

多くの方たちのブログで蛹化・羽化ラッシュが報告されていますね。
我が家では瓶外から見る限りでは、まだ羽化している個体はありません。
今年はちょっと遅いなぁというのが正直なところです。


そんな中、2年1化組みの山形産♂が蛹化していました。
外からは蛹室の断面しか見えませんでしたが、瓶を動かした時の振動で蛹化していることが確認できます。
本来ならあまり動かさない方が良いのでしょうが・・・


20140520183456071.jpg

この姿が見たくて掘っちゃいました。笑
もう数日で羽化するのではないかという感じがします。

最終体重22gでしたが、果たしてどのくらいで羽化してくれるか。
待ちわびた瞬間は近いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。