ウエストウッディ(インド・ウエストベンガル州カリンポン産)

力不足

さて。
順番がきてしまいましたのでウエストウッディについて書いていくことにします。
正直、書こうか書くまいか迷いました。
ウッディについて書こうとすると弱気になるからです。


一言で言うと大失敗でした…


蛹化・羽化不全の連続でみるみる数が減っていき、最終的には5頭を残すのみとなってしまいました。
しかも♂は1頭だけ。
その♂も羽化はしたものの蛹化時の顎曲がりで可哀想な姿に。

20150904220105245.jpg

この角度では見えませんが翅の締まりも若干甘めです。
ペアリングには支障ないものと信じていますがどうなのでしょう。


唯一の救いは残りの♀4頭すべてが50mmを超えてくれたことです。

20150904221757c25.jpg
201509042201082f6.jpg
20150904220109ffa.jpg

1♂4♀のハーレム状態。
ただ、それも無事に休眠期間を終えてくれればですが。


まったくもって私の力不足です。
「15頭も採れたし余裕だぜ」なんてことを考えていたのも今となっては昔の話。
ここへきてクワガタ最高峰と言われる種の難しさに直面しています。


果たして無事F2幼虫に会うことができるのか??
結果がでるのは来年の夏。
笑って夏を迎えられるよう全力を尽くします。




んー、やはりテンションの低い内容になってしまいました。笑
ある程度開き直ってきたのですが、文字にしてしまうとダメですね。
次回からはモチベーションを戻していきますので、今回だけはご勘弁ください。
スポンサーサイト

おはよう&おやすみ

2日連続の更新はいつ以来でしょう??
それだけ春が近づいてきたということでしょうか??笑


本日の主役は、ネパレンシスの♂と同じく1ヶ月前には羽化を確認していたウッディ♀。
本当はもう少し蛹室内でゆっくりしていてもらいたかったのですが、蛹室にきのこが侵入し始めていたので掘り出すことにしました。
20150310205855d7c.jpg
なんだかいつも写真のアングルが一緒ですね…。
もっと精進します。

この♀は2013年11月3日孵化と最後に孵った個体にも関わらず、最初に羽化してきました。
しかも、オオヒラタケ飼育です。
本当虫のタイミングって分からないものですね。


何はともあれ完品羽化。
サイズも47.5mmとお母さんよりも若干大きくなってくれました。
今後羽化の個体たちに期待が持てる数字です。

ただ、まさかこの時期に羽化してくるとは思っていなかったので、相手となる♂がいない…。
とりあえずこのまま眠ってもらうことにします。


おはようしたばっかだけど、ゆっくり眠っておくれ。
おやすみ。

毎年恒例の流れ

1本だけ交換するつもりだったウッディ幼虫ですが、とても気になる話を聞いてしまったので一気に5本交換してしまいました。笑

IMG_1245 のコピー

結局最初に掘り出したこの個体が最大体重でした。
31g。
デカいです。
我が家ではオオクワでさえ、この体重の個体はそうそう見たことがありません。
このままいってくれれば面白いサイズになってくれるかもしれませんね。


その他の子たちも順調に成長してくれていました。
そちらの結果は管理表にてご覧ください。



さてさて。
毎年恒例の流れとなりつつありますが、これからの時期ブリードをほぼやらない我が家では幼虫飼育がメインとなります。
当然、画像もニョロニョロがたくさんになるかと思います。
他に話題があればいいのですが…
幼虫が苦手な方は、これから春になるまではご注意ください。
できるだけ足が運びづらくならない記事になるよう頑張ります。笑

春はまだ遠しです。

小♀と大♀

カワラ組の2本が前回投入から気がつけば5ヶ月になってしまうところでした。
交換しようしようと思っているうちに…
本当こんなにズボラではバチが当たってしまいそうですね。


しかし、しかし。
当のクワたちはいたって通常運転でいてくれました。
ブリーダー想いの子たちで助かります。笑
IMG_0004_1.jpg
IMG_0006_1.jpg

体重は2倍以上の差がありますが、両頭とも♀と思われます。
同じ菌糸、同じ環境で飼育しているのにどうしてこうも違うのでしょう??
不思議です。


カワラ組はオオヒラよりも若干成長が早い気がしますね。
体の色味が全然違います。
これは上手くいけば年内羽化なんてことも!

しかし、♂がいない…
んー、やはり雌雄判別が完璧にできるようになってから♂はカワラ、♀はオオヒラというように分けるべきでした。
特にこういう羽化ズレしやすい種類は尚更です。
これは次回の反省点になりそうです。

お久しぶり

お久しぶりのウッディ幼虫さん。
ずっと覗いていませんでしたので本当に久しぶりの対面です。
201408142109174c2.jpg
♀幼虫 8.3g→11.6g
放置していた間にも健気に成長してくれていました。
嬉しい限りです。

11月の孵化ですから、早いもので9ヶ月が経ちました。
♀なのに全く蛹化の気配がありません。
相変わらずの2年1化の予感。

あまり大きくならなくてもいいから早く羽化してね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。