オオクワガタ(祖父江産)

婿探し と BE-KUWA最新号

ずっと音沙汰のなかった祖父江産の♀幼虫。
食痕もなく、瓶を振ってみても音もしないので思い切って掘ってみました。
「ダメかなぁ」と思いながら掘っていると、大きな空間を発見。
羽化してました。
まだ羽化して2、3日ほどのようでしたのでそのまま体には触らず蓋をして元に戻しました。
綺麗に羽化してくれたようで安心しましたが、親は大型なのにサイズは小さそうです。
まぁ無事羽化してくれてのでヨシとしましょう。


しかし、ペアで購入したにも関わらず♂はすでに☆になっています。
何とか累代したいので、来年は婿探しをしようと思います。




話は変わりまして。
今日はBE-KUWA最新号の発売日。
仕事終わりにむし社さんへ行き手に入れてきました。
まだ見ていませんが、個人的にドンキエルコクワの飼育記が気になるところです。
いつか真っ赤な赤ドンキを飼育してみたいですね。


では、これから読みふけりたいと思います。
スポンサーサイト

祖母江はないのかな??

今まで秘密にしてきましたが、我が家には国産オオクワガタがもう1産地いるのです。
それを今日は解禁しようと思います。

それは



DSC_00391.jpg
『愛知県祖父江町産』



です。



……いや、すいません。
本当は秘密でもなんでもなくて、ただ単に幼虫ペアでの購入だったので無事羽化したら報告しようと思っていただけなんです。
1ペアだけしかいないので、もしものことがあったら記事が終わってしまうと考えていまして…
しかし、最近あまり更新できていないので、思い切って飼育記を書いてみようと試みました。


普段は幼虫での購入はしない派なのですが、このペアの場合は親虫を見せてもらいその姿に衝撃を受けての衝動買いでした。

購入したのはこのブログを始める少し前。
実は、訳あってメインでやってきた能勢産を辞めようと考えていた時期があり、次にメインで飼育していく産地を探している時に出会ったのがこの親の産地である祖父江でした。
(余談ですが、愛知県は一人で本場のひつまぶしを食べに名古屋へ行ってから好きな県だったので運命を感じてしまいました。)

埼玉県朝霞市にある某ショップ(ここまで書いたら分かる人には分かってしまいますね)で相談したところ、82mmUPの親虫を見せられ、その子供たちを販売しているとのことで購入。
82mmUPを見たのは初めてでその衝撃はすごいものがありました。
そして、祖父江をメインにすべく飼育してきました。

その後、ブログをやり始め能勢産撤退は中止し、来期からも大切に飼育していこうと心改めたのですが、この祖父江産にもものすごく期待しています。
なにせあの親の子たちですから。

とにかく今は無事を祈るだけですが、この1ペアしかいないというプレッシャーも正直あります。
このプレッシャーに打ち勝ってこそ、一人前のブリーダーになれるのでしょうか??


頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。